kojiyama.netの総合フロントページ

Windows8メニュー(Metroデザイン)を7以前に戻す方法

Windows8への大きな変更は、タッチパネルを使用するタブレットとの互換性を意識したWindows8メニュー(Metroデザイン)です。

これまでのウインドウに戻すには、Windows8メニュー(Metroデザイン)の左下の「デスクトップ」をクリックします。

しかし、これまでタッチパネルが使えないデスクトップでWindowsを利用してきたユーザーは、終了方法など、マウスで右上または右下に大きく移動させることで「スライド表示」(「チャーム」と呼んでいる)に最初は分からず戸惑います。
これも「Windowsキーと Cキー」を同時に押すと表示されるショートカットキーもありますが、ここでは省略します。

実はキーボードの下にある「Windows」を押すとこれまでと同じメニューウインドウが表示されます。しかしこれもこれまでタスクにあるタスクメニューから表示させたり終了していた私にとっては、キー操作をつい忘れてしまいがちです。

それがネックとなって、Windows8は失敗作だ仕事に使う向きにはXPが最高傑作でVISTA、7とどんどんひどくなるとの声も上がっていますが、起動・操作は7に比べてはるかに軽くなり、快適です。

タブレット・スマートフォンとの互換性を重点においたことが、一見中途半端に見えがちですが、タッチパネルで使う、これまで通りのデスクトップで使うなど、あらゆる好みに対応できるようになっています。画面上に案内などがなく不親切な操作性は否定出来ませんが。

Windows 8 スタートメニュー復活&Metro飛ばしてデスクトップ表示(フリーソフト)

ある意味贅沢ですが、新しい改良を使いたくなければ、フリーソフトなどを使って、元々のWindows7以前のスタイルに戻せる方法がありました。他にもくわしい方ならフリーソフトを使わなくてもカスタマイズいろいろあるでしょうが、ここでは誰でも簡単にできるフリーソフトを3つ紹介します。

Windows7以前と同じように左下のスタートメニューも復活させて、始めからディスクトップが出るようにして改良して使う。

スタートメニューを復活させてくれるフリーソフト「Start Menu 8」「Classic Shell」「Skip Metro Suite

 

元の操作方法に戻す程度順に

「Start Menu 8」

Windows 8に「スタート」メニューを追加できるソフト。Windows 8の「スタート」画面と「デスクトップ」画面との切り替えもすばやく行える。「Windowsキーと Cキー」を同時に押すのと同じですが、マウス操作でやっているときに、キーボタンを押す動作一つが慣れない向き(私…)にはこれまでのスタイルで便利です。
http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/130220/n1302201.html

Classic Shell

日本語バージョン Classic Shell 3.6.2J(2012.11.06ビルド)
それと、Classic Shell自体にMetro をスキップしてくれる機能もあります。

「Skip Metro Suite」

スタートスクリーンやチャームバー、ウインドウスナップを無効化させる

http://www.gigafree.net/system/registry/skipmetrosuite.html

0
0 Comments

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください