植村直己冒険館


兵庫県豊岡市の植村直己記念スポーツ公園内にある博物館。

郷土出身の英雄、国民栄誉賞を受賞した世界的冒険家・植村直己の偉業顕彰を目的として1994年4月に開館。2003年1月には 新館が落成、全館リニューアルオープン。

遺族から寄贈された北極圏犬ゾリ単独行装備品を含む約300点の遺品や記念品、写真、映像などが展示されている。植村直己個人を紹介するとともに冒険における技術等を紹介しています。

建築家栗生明が設計した冒険館建物は、1996年度日本建築学会賞受賞、1998年の公共建築百選に選出されている。

植村直己さんの冒険を支えた装備品などを数多く展示、収蔵しています。展示は、「進む」、「登る」、「休む」、「食べる」、「着る」、「親しむ」の6つのテーマに分けて紹介しています。世界五大陸最高峰の頂上石天測用六分儀、ピッケル、テント、登山靴、石油コンロなどの装備品北極圏犬ゾリ単独行使用犬ぞり映像ホール― 150インチ画面、植村直己の記録映画上映図書コーナー― 登山・極地・冒険・探検関連書籍を約1200冊所蔵クライミングウォール体験コーナー

クレバスをイメージしたエントランス
建築概要
設計― 栗生明
構造― RC造、一部S造
受賞― 日本建築学会賞、公共建築百選の一つ
所在地― 〒669-5391 兵庫県豊岡市日高町伊府785


冒険 (小学館文庫)
小学館
植村 直己

ユーザレビュー:
故・植村直己さんは現 …
普通の男だった偉大な …

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

MAZDA ZOOM-ZOOM広島と但馬ドーム

阪神タイガースの本拠地甲子園球場がリニューアルし、8日にタイガースの初試合がありましたが、11:10の大逆転には感動しました。
広島カープも4月10日新しいスタジアム、MAZDA ZOOM-ZOOM広島で行われます。
設計したのは兵庫県立但馬ドームと同じ設計事務所だそうです。

兵庫県立但馬ドーム

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

箱根駅伝 地元選手出場

第85回東京箱根間往復大学駅伝競走(関東学生陸上競技連盟主催、読売新聞社共催)は3日、神奈川県箱根町から東京・大手町の読売新聞社前までの5区間109・9キロで復路のレースが行われ、往路を制した東洋大が、11時間9分14秒で初の総合優勝を果たした。早大が41秒差で、2年連続の2位。日体大が3位に入りました。

4位以下は大東大、中央学院大、山梨学院大、日大、明大、関東学連選抜、中大と続き、10位以内の9大学が来年大会のシード権を獲得。

昨年に続き今年は9区を走った山梨学大3年生の中川 剛君(兵庫・豊岡総合(豊岡南)-日高西中))が区間1位(01:11:07)で大健闘でした。ちょうど昨日2日は5年ぶりの中学校の同窓会があり、お母さんは日高東中の同級生で話題に上っていました。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

グンゼ日高工場跡

但馬はかつて養蚕が盛んで、京都府綾部市に本社を置く(現在は大阪市)グンゼ製糸(株)の工場が但馬にも多くありました。
山陰本線沿いに、梁瀬工場、養父工場、八鹿工場、そして日高工場です。それらの工場は梁瀬を除き平成になって閉鎖されました。

最近まで事務所棟が残っていましたが、赤煉瓦の貯水施設のようなものだけ残っています。

日高町商工会館

1935年(昭和10年)頃に旧日高町役場として建設。1982年(昭和57年)まで利用され、新庁舎移転に伴いその役目を終えて、日高町商工会館として使われています。歴史を感じる階段、会議室の照明、昇降エレベーターが今も動いています。グンゼ日高工場の事務所棟もなくなり、たぶん日高町内で最古の近代建築物です。

国道バイパス完成後は旧国道は車の通行量は減りましたが、日高町の中心に位置し、特急バスも前に停車します。商工青年部時代はよく通いました。なつかしい場所です。

祢布(にょう)城山

豊岡市日高町祢布

当店の国道482号交差点北側に、いかにも城山らしい頂上が平坦な小山があります。東西南北が見渡せる位置にあり、楯石神社があります。垣屋氏の宵田城が南に向かい合い、国分寺城が東にあります。

私はここにお城があったことを最近まで知りませんでした。というか但馬では入り組んだ地形のためか至る所に山城跡があります。

城主は高田次郎貞長という 南北朝期
城主は高田氏ですが、旧名は高田郷といったのでこの領地の地方豪族だったと思われる。創建時期からすると垣屋氏が勢力を強める以前の城ではないだろう。

麓には、かつて但馬国府が置かれた好立地で、但馬国府国分寺館があります。

但馬国分寺址

>
豊岡市日高町国分寺


石碑には昭和七年と記してあるので、それ以前から発見されていたものでしょう。
付近は復元に向けて整備が進められつつあります。

遺物などは但馬国府国分寺館に展示してあります。

【たじまる】 「詩経」の木簡、国内初出土

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

写真:読売新聞

今朝の地元紙である神戸新聞にトップで載っていました。
ネットで調べるとほとんどの全国紙にも載っていました。
中国最古の詩集「詩経(しきょう)」に触れた木簡が国内で初めて出土し、同時に二百二点の木簡が見つかり、一つの遺跡では県内最多、全国でも二、三番目の数だそうです。
祢布ケ森遺跡では一九八六年から十六点の木簡が見つかっていた。一つの遺跡で出土した木簡数では、下野(しもつけ)国府(栃木県)の約五千五百点に次ぎ、阿波国府(徳島県)の二百五点に並ぶそうです。 出土した木簡のうち約二十点は、七月八日まで遺跡近くの但馬国府・国分寺館で特別公開されます。
TEL0796・42・6111 (6/20 21:33) 神戸新聞 つづいて 九九を何度も練習したような木簡も見つかったそうです。
神戸新聞 (6/21 08:48)

Scroll to top