面接授業と宿泊予約

放送大学に入学して10年近くになります。所属は京都学習センターなのですが、住まいは鳥取県に近い兵庫県です。一般の放送授業とは別に面接授業が単位が残っています。2日缶詰状態で講義を受けます。在籍が長くなると、所属センターでは選択が少なくなり、最近では姫路サテライトの「姫路城と平成の見学」や島根学習センター「山陰の古代史」にも参加しました。
ついでにそれを目的に神社や観光目的を兼ねたいので京都が多いのですw

面接授業は人数制で申し込みから抽選です。一つは落選しましたが、「利休の生涯と茶の湯の文化史」京都学習センター、「平城京の研究」「邪馬台国とヤマト王権の成立」奈良学習センターが受付されました。

5/11.12の宿泊予約を先程「じゃらん」で行いました。シーズンにもより格安でリーガロイヤル京都のデラックスに泊まった良い経験も中にはありますが、土日は空きが少なく割高で、使ったことないですが学割も効くところが少ないです。観光シーズンの奈良・京都は仕方ないですね。

 

人気ブログランキングへ

とてつもなく雪が舞う、単位認定試験合格の知らせが届く

  

寒波が再来です。明け方は降る気配ではなかったけど、どんどん降り出しました。
今日は(も)お客さんは少ないなぁ。

とそんななか放送大学から郵便。いつも「親展」とあるので、単位申請の通知かと思って開けると、こないだの再試験の成績と習得状況一覧表でした。
「英語購読」がBですが合格です(^^)

放送大学 平成25年度第一学期 科目登録届く

 

新年明けて半ばとなった昨日、放送大学平成25年度第一学期の科目登録申請が届きました。
かれこれ10年近い在籍年数となりました。卒業要件単位数は124単位。
24単位残すのみですが、放送授業は1科目2単位取得できるけれど、面接授業が10単位残っています。面接授業は、2日間受講して1単位しかもらえません。
卒業はしたいと願っています。

放送大学単位認定試験 平安会館に2泊


平安会館に2泊しました。御所の西側でKBSの隣の閑静な場所。向かいは蛤御門があります。
もともと公卿の屋敷跡だったそうです。


レストランにて中庭を眺めながら夕食

これまで一人旅っていっても、いろいろな団体や会に所属していたから最近になってのこと(といいても放送大学試験で来ているからだが)。わいわい賑やかに食事していた思い出が多すぎて、隣のカップルと私一人だけのフロアはせつない、とおもいつつこれもいいかと。

平安会館は御所の禁門の変前のKBS京都の隣りの烏丸通りの静かな場所に位置する。試験会場は堀川通りのリーガロイヤル京都前なのだけど、御所に行きたくてここをとった。(楽天トラベルでたまたまその日が格安だったからこともある…)

お風呂は部屋以外にも別に和風浴場がある。たまたま2人しか入っていなかった。湯船は広いしなかなかいい。

平安会館ページより

○平安時代

天皇の台所を預かる内膳司に勤務する役人の宿舎である内膳町が置かれる。昭和53年の発掘調査により、井戸、掘立柱建物、陶器等数万点に及ぶ出土品あり。

○戦国時代

織田信長の築城による旧二条城に関係あり。
旧二条城は、当館の南方にあったと推定されているが、当館の敷地からも石仏を転用した石室や織田家の紋所である木瓜文等が出土した事から、関係していたことがうかがえる。

○安土桃山時代~江戸時代

糸商人松屋三郎右衛門が居住。
「慶長九年白糸六十斤入」等と書かれた木札が出土。

○江戸時代~明治時代

公家屋敷が置かれる。
宝永二年1705年京町絵図によると「九条大納言御連中」とある―御連中とは御婦人の意。
慶応四年1868年京町絵図によると「醍醐殿」とあり、醍醐家は清華家(摂政、関白にもなれる家柄の総称)の家柄であり、公家の中では上の下に位置する。

○明治以降

日の出新聞(戦後京都日々新聞と合併し、今日の京都新聞となる)社長→長瀬産業社長→昭和27年支部買収

http://www.heian-kaikan.com/J/heian.html

付近のコンビニが同志社大学の今出川までいかないとないから、歩くとつらかった。
まあ昔は草莽崛起の志士たちもそのような思いで歩いていたのかどうかしらないが、そんな距離以上に京都市中を夜ごと歩いていたのだから、なんて、ロマンにチックに考えるほどの年ではないのですが。

放送大学単位認定試験
放送大学の試験に京都に行って来ました。
25日 英語総合A
第三世界の政治
27日 生物学の歴史
人口減少社会の生活像
植物の生理
バイオサイエンスで豊かな暮らし
28日 宇宙とその歴史
29日 経済学入門

放送大学の「大学の窓」の取材

放送大学のPR番組「大学の窓」の取材を受けました。

127033079095016204961_izusijo5

放送大学の「大学の窓」(15分番組)の撮影で昨日は当店で本日は但馬の小京都出石へ出かけました。
あいにく雪が舞う寒い日となりましたが、かえって風情があっていいかもです。

慣れない撮影で恥ずかしいのと緊張でした。
スタッフ(NHKエデュケーショナル)の皆さん、アナウンサーの宮田さん、寒い中お疲れさまでした。

後日ビデオが届きました。リアルで放送を見ると声が別人みたいで恥ずかしかったです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

龍谷大学大谷キャンパス

  

試験会場は数年前から龍谷大学大谷キャンパス。
洋風建築がすばらしいです。

放送大学前期認定試験がはじまった。
半年休んだので遅れを取り戻すために14教科というハードな登録をしたのである。

京都までは6時の特急でいくつもりだったが、
1本遅れで福知山まで各停に乗った。
終点までたいした差はないし、2000円特急料金が浮くのがウレシイ。

放送大学単位認定試験

試験会場は数年前から龍谷大学大谷キャンパス。
洋風建築がすばらしいです。

放送大学前期認定試験がはじまった。
半年休んだので遅れを取り戻すために14教科というハードな登録をしたのである。

京都までは6時の特急でいくつもりだったが、
1本遅れで福知山まで各停に乗った。
終点までたいした差はないし、2000円特急料金が浮くのがウレシイ。

ryudai2-624x468

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

京大花山天文台

124557434531416307110_kazan1_20090621175225

4/21・22は、放送大学京都学習センターの土日面接授業に行って来ました。

「太陽活動と宇宙天気予報」 講師 京大名誉教授 黒河 宏企 先生 場所 京大大学院理学研究科付属花山天文台 京都キャンパスからタクシーに乗り合いで行きました。 京大大学院理学研究科付属花山天文台の敷地に入ると、 今や珍しい未舗装道路です。 道路には水たまりの穴があり、タクシーはドッテンバッタン(>_<)ヽ 住んでる地元でもこんな道ないよ~~。

124557439973616202613_kazan3

昭和4年に建てられた日本で最も古い天文台の一つです。 内部に入ると、トイレのドアには懐かしい「あき ・しめ」の金具が残っていました。 さすがに便器はウュレットになってました。(^^) ちなみに日本標準時間は、日本のど真ん中の子午線(統計135度)の兵庫県明石市ですが、北部に位置する豊岡市も、合併前の但東町は子午線が通過しており、日本標準時間です。 実は地球の公転により、夏至、冬至によって太陽の最も高い位置に昇る時間は毎日数秒長くなったり短くなったりしている(南中)のだそうです。従って日本標準時間は、明石市の南中時間ではなくて、1年間の標準時間ということです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

ガラスのはなし

18・19日は放送大学の面接授業「ガラスの話」で、 国内有数のガラスメーカーである東洋ガラス(株)滋賀工場を見学。

日頃からお酒やグラスなど、ガラスとは切っても切れない商売をしているので、その製造元を見学できるこの授業を受けてみた。 東洋ガラス滋賀工場はびん専門の工場で、一升瓶、ビールびん、コーラビンからあらゆるメーカーの製品のびんを生産していて、その規模は日本トップクラスの規模だ。 ガラスは、メソポタミアやエジプトの時代から、容器として優れており長く使われてきた材料である。 しかし、重たくて、消費者には持ち帰り時代になって敬遠されてきた容器で、缶や紙パック等が開発されてきたわけである。

ガラス回収

 

  

回収は、酒屋にとっては切っても切れない間柄である。 しかし持ち帰りに便利な缶ビールやペット容器などに押されて、ガラスびんは毎年売上げを下げている。 重たくて敬遠されてきた(売る側も含めて)ガラスびん。 瓶を統一すればいいのだけど、企業としては、新しいパッケージを開発し、消費者にアピールしなければならない理由も分からなくもない。
しかし、様々なパッケージ商品が市場にあふれ、また過剰包装等により家庭内ゴミが増えるばかりである。 その処理費用のつけは、我々の税金なのだ。 地球環境を考えると、ビール瓶・一升瓶・牛乳瓶などのリターナルの王様のびんや、カレットリサイクル(空き瓶再資源)が大切であることを今回再確認できた。 この授業で、リサイクルや再利用できるガラスびんなど、「ガラスびん」は、太古の昔から使用されてきた容器であり、現在でも最も優れた容器であるということを改めて感じたのである。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。↓ブログ気持ち玉もよろしく。

Scroll to top