放送大学卒業まで いよいよ最後の試験

合間に山城国式内社めぐりのタイムスケジュールが完成した。愛宕神社は往復3時間かかり、式内社ではないが、はずせない神社だ。

雪が降って心配したが、明日は晴れのようで安心。

Googemapに登録して、分刻みに回れるか?!

https://www.google.co.jp/maps/@34.7809887,135.6920301,10z/data=!3m1!4b1!4m2!6m1!1szNf9IRqUSmJA.kHdbF94ur2Ag

テストや講義に行く合間のこの作業が楽しい。

日程表1

放送大学最後の面接授業と山城・大和式内社めぐりプラン

2005年より10年がかりであと3単位となる。残るは放送授業2科目と面接授業1科目。明日の面接授業が最後の機会となると思うと名残惜しい気がする。奈良というと我が家からは遠いという先入観があったが、所属の京都学習センターに行くのと奈良学習センターに行くのと、京滋バイパスができたことで30分ほどしか違いはなく、2時間半で奈良へ行くことが出来る。中国自動車道から生駒トンネルを越えて行くのが最短ルートであるが阪神高速の空港線・環状線は混むし、分岐が複雑で気を使うので大阪ルートとは10分ほどしか違い。豊岡自動車道・舞鶴若狭道から国道372号で千代川から京都縦貫道・(沓掛)・京滋バイパス・第二京阪道・京阪和道路と乗り継げば料金的に最安。しかも土日はETC割引が適用される。

7・8日は馴染みの奈良学習センター(奈良女子大内)へ。

面接授業は土日2日で各午前9:45から午後16:35の8時間みっちり

科目名:「ライフコンピューティング」

講師:城 和貴 奈良女子大教授

行楽シーズンで奈良市内は高級ホテルを除きどこも満員で、柳生の里の民宿「久保田亭」をとった。市街から約30分かかるが、その合間に式内社の天乃石立神社や夜伎山口神社が近いというメリットもある。

実はここ数日、山城国南部と大和国北部の式内社めぐりという別の楽しみをプランしていた。

大和(奈良県全域)は、全国で式内社が最も多く、大社128座85社(うち名神大社47座26社)・小社158座131社の計286座216社もある。奈良県の南部は森林地帯で、人口・式内社も北部に集中している。しかし、経験上3時間で回れる数は20社程度だ。京都府八幡市・京田辺市・城陽市・木津川市・精華町、奈良県奈良市38社を点と線でルートをGooglemapで計画。多分半分回れればラッキーだろう。

いよいよこれが最後になる科目登録

index_img_05

一応、社会人にして放送大学在学生でいわば現役大学生でもあるのですが、いろいろあって10年もかかり、卒業要件124単位の3単位を残すのみとなりました。

先日授業科目案内が届き、ようやく2学期の科目申請をインターネットで完了したところです。

放送大学エキスパート(科目群履修証明制度)の社会生活企画「社会企画士」・「異文化理解支援」・「日本の文化・社会探求」を取ろうと、それに合った放送科目2科目と奈良学習センターでの面接授業1科目です。

放送大学エキスパートとは

放送大学が2006年度から実施している制度です。上記の履修証明制度に対応しており、計27のプランを設けています。

何が認められるの?
放送大学が指定する特定の授業科目群を履修することで、ある分野に対して目的や関心を持ち、そのための学習を体系的に行ったことが認証されます。履歴書にも記入できます。

放送大学 鳥取「地域の課題と取り組み」


放送大学鳥取学習S  地域の課題と取り組み
講師 酒井 裕規 先生
(神戸大学海事科学研究科 准教授・鳥取環境大学 講師)

専門科目:社会と産業
2014年06月07日(土)第1時限 10:00~11:25から 2014年06月08日(日)第4時限 15:35~17:00まで。
2日目午後は課外授業で市内へ。

豊岡市と鳥取市はお隣同士であるが、兵庫県北西部の美方郡は鳥取市の経済圏になる。しかし鳥取市は県庁所在地であり、国や県の公共機関があるのが異なる。それにしても大手EAONショッピングモールがバイパスに完成して市内や駅前商店街は寂れている点では豊岡市やどの地方でも共通している課題だ。

【授業内容】
わが国は少子高齢化の時代を迎え、従来のような中央主導・外部依存の地域経営を脱却して、地域がその特性に合わせた政策運営を行うことが求められています。本講義では、地域に企業経営的手法を導入した「地域経営(マネジメント)」について解説します。この経営(マネジメント)の視点から地域が抱える課題とその背景を客観的・包括的に学習したのち、行政、企業、住民、地縁組織、NPOといった多様な組織や種々な資源を動員して、いかに持続可能な地域社会を形成するかを検討します。
【授業テーマ】
第1回 地域が抱える課題、地域を経営するとは
第2回 地域経営と地域分権(1) 地方分権と経済学・経営学
第3回 地域経営と地域分権(2) 地方分権と地方財政
第4回 地域経営の主体とその役割 地方自治体、公的企業、NPO、第3セクター
第5回 地域経営と公民連携(1) 公共サービス型:PFI・指定管理者制度・市場化テスト・民間提案制度等
第6回 地域経営と公民連携(2) 規制・誘導型:企業誘致・ベンチャー育成・観光振興等
第7回 地域経営とマーケティング(1) 自治体マーケティング・NPM
第8回 まとめ

放送大学面接授業 奈良 「邪馬台国とヤマト王権の成立」

放送大学の面接授業で先月に続き、奈良学習センターに。
その折に、アクシデントがあって奈良で2週間余り入院したので、奈良は愛着がある場所になった。

奈良学習センターは大学の向かいコラボレーションセンター3Fにありあす。

奈良女子大学正門

文化財になっているシンボルの記念館


放送大学面接授業 奈良 「邪馬台国とヤマト王権の成立」

講師:桜井市纏向学研究センター 橋本 輝彦先生

6.22(土)・23(日) 9:45~16:35

纏向遺跡発掘のニュースでよく登場される方です。

【授業内容】

講義の前半では文化財(文化)がなぜ調査・保護されるべきなのか、そしてその保護や活用の在り方について考える時間を持ち、そして文化財の調査・研究手法の一つである考古学とはどのような学問なのかについても解説を行いたいと思います。
後半の講義では奈良県纏向遺跡の調査結果を中心に近年盛んな邪馬台国の所在地論争について整理するともに、後に続くヤマト王権の成立の背景について考える。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

京都三条通近代化遺産群

わけあってほぼ一ヶ月ぶりのブログ更新です。
6月1日・2日、放送大学面接授業で1月以来五ヶ月ぶりに京都へ行きました。先月11・12日に奈良学習センター面接授業「平城京の研究」でへ奈良へ行ってアクシデントが起き、29日まで入院していたので、退院後4日目にして外出は、ハードなスケジュールに思われるが、体調はいいので出かけました。
それだけに古都奈良平城京と平安京をほぼ同時に比較できるというものです。

講義は、「利休の生涯と茶の湯の文化史」 講師:千里金蘭大学教授・表千家不審菴文庫運営委員 生形 貴重先生
会場は、市内のど真ん中烏丸三条の京都伝統工芸館。
放送大学で京都へは所属が京都学習センターでもあり、大学生時代京都に住んでいたので道の隅々まで知っているので気が緩むというか、何度も来ていますが、はじめて電車ではなく自家用車で。コインパーキングに停めました。どこの都市でも増えているコインパーキングですが、使い方が分からず不安でした。料金を支払い夕方までで2100円は高い気もするが。京都の繁華街へ自家用車で行く事自体がおすすめではない行為です(汗)。。。


文椿ビルヂング


烏丸三条角のみずほ銀行京都中央支店( 旧第一勧業銀行京都支店 ) 赤煉瓦に白い石のラインが走るデザイン


中京郵便局


京都文化博物館別館(旧日本銀行京都支店)

三条通は、東西路で、昭和 60 年(1985)歴史的景観界隈地区指定。寺町通と室町通の間には洋風建築も見られ、明治期の面影が伝えられる。ここ数年、流行のオシャレなお店や京都独特のものを扱うお店が次々とオープンし、若い方から年配の方まで年齢を問わず楽しめる通りとなっている。京都話題のニュースポットです。現在では南の五条通が国道1号(東海道)・9号(山陰道)の主要道路ですが、明治までは江戸から京へと続く「東海道五十三次」の終点が三条大橋で、三条通がメインでした。

古くは豊臣秀吉の命により大改修が行われ、その後も旅人にとっては欠かせない要路でした。江戸から京まで、また京から江戸まで約490kmもの道のりを徒歩で旅をする。
その旅人のゴールであり、スタートでした。かつて長州藩(現河原町御池京都ホテルオークラ)、土佐藩(三条河原町と四条河原町の間の東側、旧立誠小学校)など全国の京都藩邸が立ち並び、幕末維新では龍馬や桂小五郎もこの界隈をきっと逃げ回っていたことでしょう。。。

三条通の西には大正時代の洋風建築「文椿ビルヂング」、烏丸通を渡り、そのまま北に30mほどのところに「新風館」、レンガ造りの概観で明治時代に作られた中京郵便局、旧日本銀行京都支店を改修した京都文化博物館別館や、老舗が軒を連ねて賑わっています。

放送大学授業 奈良へ 

放送大学面接授業で、初めて奈良学習センターへ。奈良市内奈良女子大学内正門前コラボレーションセンターにある。奈良は寺社・古墳など訪れたい場所だが、当地からは山陰本線で直通の京都より遠い気がしていた。
講義は「平城京の研究」で、講師は奈良女子大学教授 舘野 和己先生

翌朝早く起きて平城京と神社めぐり

このあと講義中に体に異変が起き、そのまま奈良で入院します・・・。

Scroll to top