我那覇真子さんの新番組「おおきなわ」

昨夜、Youtubeで検索していると、我那覇真子さんの新番組がチャンネル桜で始まっていました。第1回は1月5日(金)でしたが、2回めを観て素晴らしい番組なのでご紹介します。

【新番組!】我那覇真子の「おおきなわ」第1回

第2回

番組の説明は、

「大和」「おきなわ」「家族のように繋がっていく日本ネットワーク」というイメージを込めたタイトル「おおきなわ」。
メインキャスターの我那覇真子が、現在の日本に蔓延る「負の和」を「正の和」に変え、本来あるべき日本を取り戻すべく、政治家・識者に問いかけたり、全国草莽の皆さんとの活動を紹介する番組。偉大な作曲家にして真の愛国者・すぎやまこういちによるプロデュースでお送りします。

還暦になってメガネが2つになった

近距離用メガネと運転用の遠距離メガネの2つを併用する。店員さんも同じ年だそうで、「老眼がすすんだのですか?」と若いつもりでも年取ったなと情けなくなって尋ねると、「60代ならそれが普通で、皆さん新聞読むとき用に近距離メガネと2つ持って使い分けられておられます。」と言われ、人並みだと少しは安心しました。近距離用は盆過ぎになるそうで、今遠距離用のメガネでパソコンに向かっているので、少し字がボケて見えています。

世界がおかしくなっているのに、マスメディアは何も伝えない、日本の最大の敵は日本のメディア

戦後の日本は高度経済成長で、日本はアメリカについで第2位の経済大国として70年代から90年代が過ぎた。

そうしたなかで、日本は独自の平和な社会が続いた。しかし、それは憲法9条によるものではない。米軍が日本に駐留しているから中ソの侵攻を免れていただけのこと。東西冷戦時代は終わり、ある意味で平和が保たれた秩序は、ソ連が崩壊し、ベルリンの壁が壊され、アメリカは世界の覇権国家から、財政的にもアジアの秩序を守れなくなっている。

中国は聖徳太子の頃にはすでに異常な国であった。朝鮮半島の北朝鮮・韓国も古くからその属国であるので異常な国のままである。世界はすべて我々のものとする華夷秩序。彼らは自分のものは自分のもの、人のものは自分のもの、世界は自分のものという、とんでもない華夷秩序による頭がおかしい人種である。どこか自分の娘まで犯す近親相姦でDNAが狂っている。それが漢民族であり、ヤクザに等しい世界に類を見ない劣悪民族がシナ・朝鮮人である。

どう理解しようと試みても、経済援助して文化的にしようとしても、彼らはすべてを感謝するどころか、日本は我々より下だと仇に返す。つまり、シナ朝鮮人には民族共存などなく、抹殺し奪う。元元の中国は万里の長城以東の国で、南北の大きさは日本列島と大差はない。モンゴルやチベット、ウイグルなど、日本が野放しに経済援助して拡大した。すべて田中角栄の愚行。たしかに当時は経済成長しているアジアの日本が、同じアジアの近隣国を援助しようとODAやいろいろ援助した。

とにかく、欧米列強から黄色人種で唯一の国際連盟常任理事国となった日本は、アジア・アフリカの独立を唱えた。そしてそれが戦後多くの国が独立を果たす。そして、その恩を仇に返すのがシナと朝鮮人というキチガイである。

それが21世紀にまで続いている中国という世界に類のないキチガイ民族である。むしろ異常なシナ朝鮮韓国人が地球上から抹殺されるべきである。

そんな緊迫した中に日本は置かれているのに、肝心のメディアは何も伝えない。

すぐ隣国であっても、聖徳太子や福沢諭吉がいっているのを学べないのか。キチガイとは付きあうな。

毎日尖閣諸島に中国の海警が侵入している。メディアは何も伝えない。中国は昔から卑怯な民族で人民解放軍が中国を作ったのではなく、一度も戦ったことがない人民解放軍が蒋介石率いる中華民国軍が台湾に逃れ、その隙間に人民解放軍によって作られた傀儡国家が中華人民共和国。今日本がすべきは、日本の領海を犯したら撃沈する海上保安庁や自衛隊に対する法である。領海侵犯をおかしたら竹島も日本固有の領土であり、北方領土もしかりです。

朝鮮半島もしかり。我々の和を以て貴しとなすという聖徳太子からの観念が通用しないことは、聖徳太子や織田信長・羽柴秀吉を経て、明治の福沢諭吉や伊藤博文に至るまで、千年以上前からシナ朝鮮に苦労してきた。

まして間違っているのは世界は腹黒いということ。トランプがアメリカファーストと掲げたのは、これまで世界平和に貢献してきたアメリカは、もう経済的に世界のリーダーではないし。それよりもまずアメリカ合衆国の再建であると。

そんなことより、戦後日本が平和でこれたのは、憲法9条があるからではない。米軍がずっと居座っているからに過ぎない。占領国のままで経済発展したから、日本人の精神やアイデンティティーは崩壊しかけている。

そしてまずシナ朝鮮人と日本人とは、すでに聖徳太子が隋に小野妹子ら遣隋使を送ったときの手紙の内容で、「日出づる処の天子、書を日没する処の天子に致す。恙無きや、……」

これはだいたいこういう意味です。

「日の昇る国の皇帝(日本の天皇)が日の沈む国の皇帝(中国の皇帝)に手紙を送るよ。変わりは無いか?」

つまり、日本という国名は、シナより先に太陽があらわれる国である。あなたの属国ではないし、我々の方が先に太陽を拝む国なのだ、恙無きやとは挨拶程度であり、ご近所でも深く付き合いたくないという意味なのである。

シナ朝鮮人は、DNAも異なり、日本人と相容れない民族であることは、すでに2千年前から明治に至るまで述べてきた。歴史に学ばず知らず、同じ血が流れていると誤解して仲良くしようというのは無理だということを、肝に銘じることだ。

世界に類を見ない華夷思想。自分のものは自分のもの、他のものも自分のもの。このおそろしいエゴのキチガイ思想は直らない。満州や朝鮮併合しても直らなかった。

それがシナ朝鮮人である。彼らは感謝とか広い視野といったものが欠落しているキチガイなのだ。もちろん日本人の中にもおかしな韓国人化したメディアや前川のようなアホが多い。国益を考えるのが国会でありメディアだ。

人類は皆平等だと平和ボケ教育の昭和30年までの世代が去るまでこの国は持つだろうか。といっても昭和32年生まれの私たちは、団塊世代ではないし、憲法以前に尖閣・対馬・北方領土・また津軽海峡に中国の海警の船が通過した。本来は攻撃すべき領海侵犯である。

こうしたことを書くと政治的とか右翼だと思われるかも知れない。しかし国益があっての政治で、それは神社のはじまりからムラのまつりごとは、政ごと、祀りごと、祭り事、すべて共同社会において同じであり、国政が別のものではないことだ。おかしな米軍製憲法を後生大事に守るのであれば、戦後70年経ってもアメリカの占領国なのだ。

国民の生命財産を守るために軍隊を置く。

それが世界の憲法の常識なだけのことに、なんで朝日新聞はじめ批判するのかがわからない。つまり、朝日新聞は戦前まで最右翼で戦争突入を煽った新聞だ。そして戦後はGHQによって停止処分となり、そのままポチとなって今日に至っている。国家よりアメリカ、中国、韓国を向いて、従軍慰安婦、南京大虐殺などありとあらゆるフェイクニュースをでっち上げてきた。そして社旗は戦前の意地なのか旭日旗という矛盾だらけの、会社存続しか考えていない駄目新聞だ。

世界には売国罪がある。そのようなメディアは、世界に類を見ない。

【どきっ!】これは当たるかも角川映画

角川映画40周年記念作品新作『セーラー服と機関銃 -卒業-』
本日3月5日ロードショー開始

公式サイト

1976年―『犬神家の一族』が公開され、一つの日本映画の歴史がはじまりました。 “読んでから見るか、見てから読むか”というコピーと共に、出版界と映画界をつなぎ合わせた大量メディア展開は世の中に衝撃を与え、“メディアミックス”はそれ以来角川映画の代名詞となりました。 そんな「角川映画」のスタートから、2016年でちょうど40年。
様々な進化を遂げてきたKADOKAWAが、偉大なる数々の作品を回顧すると共に、新たな「角川映画」を始動させるべく、この度、角川映画40周年記念作品となる新作『セーラー服と機関銃 -卒業-』の製作発表記者会見を実施させていただきました。

http://sk-movie.jp/

 

薬師丸ひろ子あれから25年

長女が数年前からKADOKAWA(書店の本社の方らしいので映画とか無関係です)で働いていることはまったく関係ないですが、角川映画が巻き起こしたあのセンセーショナルな感動の時代に高校生だったこともあって、思わずワクワク感がしますので書きました。

消されるかもしれませんが、オリジナル動画がありました。

『下町ロケット』最終回前日に

BBnIMeK
(C)ORICON NewS inc.

最近ドラマを含めて地上波を見なくなり、あの相棒にしても脚本や作りの粗さが目立つし、仕方なく観ているのだが、中でもどうしても目障りなのが特命係の部屋で話すシーンで窓から覗き込む刑事が毎回登場することだ。特命係の動きを上司の命令で注意して監視しているつもりの演技だろうが、何かそれに需要な意味があるのか気が散って目障りである。

一年で1、2作は毎週楽しみにできるのがTBS日曜劇場『下町ロケット』。いよいよ明日が最終回で25分延長

 

何気なく観たNHKドラマ10「わたしをみつけて」(連続4回)も、少ない良いドラマだった。

主演の准看護師役の瀧本美織や脇の鈴木保奈美 溝端淳平 本田博太郎 古谷一行がうまくとけ混んで、ドラマの中に入り込めた。

挿入歌ではこれが秀逸なきがする。

テレビ朝日系木曜ドラマ「遺産争族」主題歌としてお馴染みの「ラブとピース!」

アメリカの光と影

17年ぶりの米政府閉鎖濃厚-株価下落、オバマ政権は午後閣議
Bloomberg.com

「おそらくオバマは史上最低の大統領だろう」と加藤英明氏。
お隣の韓国の朴槿恵大統領もトンデモ大統領の色が濃厚だ。
おまけに支那は大気汚染が半端じゃないほどだ。

いや分かっていても、どうにもならないほど国が凋落し始めている。

アベノミクスが偶然かどうか、日本が一気に元気に見えてくるのだ。

中学生の頃に流行った曲が、頭に蘇ってくる。

 

「名前のない馬」 -アメリカ-

旅の最初の部分に
すべての生活を探していた
植物と鳥と岩とものがありました
された砂と丘とリング
まず最初に会った話題とフライだった
空の雲で
暑かったので暑さと地面が乾いて
しかし、空気のサウンドに満ちていた

名前のない馬で砂漠をしてきた
雨が無くて良いと感じた
砂漠であなたの名前を覚えていることができます。
ないだって誰の痛みを与える
ラ、ラ.

砂漠の太陽の下で 2 日後
私の肌が紅葉し始めた
3 日後に、砂漠の楽しい
川のベッドを探していた
およびそれを流れる川の話
私は死んでいたと思うに悲しくなった

名前のない馬で砂漠をしてきたを参照してください。
雨が無くて良いと感じた
砂漠であなたの名前を覚えていることができます。
ないだって誰の痛みを与える
ラ、ラ.

9 日後は自由に走る馬を聞かせ
砂漠は海に変わっていたので
植物と鳥と岩とものがありました
された砂と丘とリング
海洋生命地下の砂漠です。
完璧な変装上記
下で都市の地を作った心にあります。
しかし、人間愛を与えるないです。

名前のない馬で砂漠をしてきたを参照してください。
雨が無くて良いと感じた
砂漠であなたの名前を覚えていることができます。
ないだって誰の痛みを与える
ラ、ラ.

自民…TBS・毎日へ倍返し

TBSのドラマが盛り返している。半沢直樹。視聴率は初回19.4%、第2話21.8%を記録し、夏ドラマの中では独走中。昨夜の第3話は10:09までの延長だった。おそらく21.8%を超えたのではないか?

にも関わらずTBSの報道が反日でゴミなのは、毎日新聞、改め毎日誤報とのソースの関係だろう。
反対に、保守のテレビをと発足したフジがフジサンケイで産経新聞であるのに、ドラマはTBSの反対だ。

自民党:TBSの取材を拒否 「NEWS23」内容問題視

自民党は4日夜、TBSの報道番組「NEWS23」の6月26日の放送について訂正と謝罪を求めたが、誠意ある回答を得られていないとして、
TBSの党幹部への取材や番組出演要請を当面拒否すると発表した。これに対し、メディアの専門家からは批判的な意見も聞かれた。

ジャーナリストの江川紹子さんは「自分とは違う意見に対し『倍返し』をしようとする一種の脅しで、『お子ちゃま』的な対応」と指摘。
「党のPRのために言論を利用することしか考えていない姿勢がよく表れている。ましてや今は参院選のさなか。
各党の主張をテレビで知ろうとする市民は多いはずで、常軌を逸した対応だ。報道機関の対応も問われる」と話した。

25日付毎日新聞が「首相、靖国参拝見送りへ」と報じた。だが、ニュースソースは「複数の政府関係者が明らかにした」とあり、安倍晋三首相自身から聞いたわけではない。安倍首相の靖国参拝を阻止したい人物がリークした可能性があるが、首相はこのような報道を気にせず、靖国参拝を進めるべきだ。

だが、陳氏は「日本の政治記者たちから聞いたところによると、安倍首相は8月15日に靖国を参拝する準備をしている。副首相を祭事に参加させ、閣僚にはちょうちんを奉納させるつもりだ」と指摘。
日本の政治評論家も「安倍首相が8月15日に靖国を参拝する確率は99.9%だ」との見方を示している。

江川紹子さん、『やられたら倍返し』といって流行らせているのはTBSの方ですが・・・。(^^)

自虐教育と修学旅行


【青山繁晴】沖縄修学旅行、魂の旧海軍壕へ[桜H25/7/19]


【日いづる国より】すぎやま・青山夫妻対談その2[桜H25/7/19]

だいぶ前だから良く覚えてないが、20代の頃我が家ではしばらく朝日新聞と日経流通新聞を購読した。当時は新聞の勧誘が激しかったから読売になったり、神戸新聞になったりでいろいろだった。得意先がその販売店だったこともあったかもしれないが、あえて朝日新聞を読んでいることがステータスのような部分もあった。今でこそ新聞はインターネットにより他誌を比較閲覧できるが、情報はテレビのNHKニュースと朝日新聞が一応権威を持たれていた時代である。家庭で新聞を何紙も引いていることはなく1紙が普通である。しかし、その頃から朝日新聞の批判的視点の記事の中に良く読んでも何が言いたいのかどうともとれる意味不明な言い回しで面白いとは感じなかった。私は読解力が足りないのか?いや違うと、今でははっきり言えるのである。

戦前まではやまと新聞が最大だったらしく、毎日新聞、朝日新聞の3紙が大手だった。しかも戦争を批判どころか軍部の統制によるものではなく朝日新聞も先頭でけしかけていた。それは、今では考えられないけど自国の新聞が自国の国益から立って主張するのが当然である。

問題なのは、戦後GHQによって公職や新聞・放送から自由な言論が排除され、左翼の人間が教育界・言論界を牛耳ってしまい、日本は軍国主義に走ったのが悪かったという自虐史観を植えつけたのである。

なぜ戦争になったのか。日本は明治から民主主義国家である。米国に資源を絶たれた日本は座して死すだけだった。戦争にならざるを得なかった。欧米列強に仕掛けられたのもまた客観的見方が必要である。

どの国も戦争がたびたび引き起こされてきた。日本は長い歴史の中で、ただ一度戦争に負けただけのことなのに、なぜ負けたのかの反省はしないで、悪かった悪かったの思想一点張りだ。次はどうすればよいかの前向きな思想に向かうべきなのに、70年近く進歩していない。いや戦中派の方がほとんどおられなくなりつつある今の方が危険だ。

スイート・キャロライン 次期駐日大使にケネディ氏指名へ

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

img_news

駐日米大使にケネディ氏/故大統領長女、女性は初

【ワシントン共同】2013/07/13 10:15

近く離任するルース駐日米大使の後任として、故ケネディ大統領の長女キャロライン・ケネディ氏(55)の指名が固まった。日米関係筋が12日、明らかにした。ホワイトハウスが近く発表する。上院の承認を経て、早ければ9月半ばにも着任する見通し。女性の駐日米大使は初めて。

ケネディ氏に外交・行政経験はなく手腕は未知数だが、米社会で常に注目を集める「ケネディ家」からの起用に注目が集まるのは必至だ。日本側には、著名人の大使就任が日米関係強化につながるとの期待も高まっている。

ケネディ氏は2008、12年の米大統領選でオバマ氏を支持した。

ウィキペディアによれば、

父のジョン・F・ケネディと母のジャクリーン・ケネディとの間に、1957年に長女としてニューヨークにて生まれた。1960年の大統領選挙で父が大統領に選出されたため、翌年ホワイトハウスに移り、合衆国大統領の娘として世界的な関心を引いた。1963年に父が暗殺されると、母とニューヨークに移り住んだが、母の庇護によりメディアの報道合戦には巻き込まれずに済んだ。ハーバード大学とコロンビア大学法科大学院を卒業後、弁護士資格を取得。メトロポリタン美術館在職中にエドウィン・シュロスバーグと出会い、1986年に結婚した。

現在はケネディ記念図書館の館長やハーバード大学ケネディ・スクールのコンサルタントを務めている。自身が直接政治活動をすることは少ないが、2008年の大統領選挙では叔父のエドワード・ケネディ上院議員とバラク・オバマ候補への支持を表明し、同陣営の副大統領候補者選考委員会で仕事をしながら、自身が副大統領候補に指名された場合について言及した。

駐英大使にもたびたび目されたが、オバマが大統領に選出されると国務長官に就任するヒラリー・クリントンの後継として、上院議員に意欲をみせた。CNNなどの共同世論調査では、過半数が「ケネディは上院議員になる資質を備えている」と答え、また、ケネディがヒラリーの後継となることには52%が肯定的だったが、42%は否定的な反応を示した。しかし、2009年1月に「一身上の都合」により上院議員選への立候補を断念した。
2013年、ジョン・ルースに代わる在日本アメリカ合衆国特命全権大使への起用が取り沙汰されている。

しかし驚くべきニュースではなかった。今年4月にはその情報は伝わっていたからである。
ケネディ氏は55歳。私と同じ年であることも関心を持つ要因である。

オバマ大統領は、なぜ政治・外交にまったく未経験のキャロライン・ケネディ氏を駐日大使に選んだかを考えた。ブルームバーグは、一家の繁栄の基礎を築いた祖父ジョセフ氏が駐英大使だったことを引用し、「外交の血筋」を強調する論調もある。CNNテレビは「初の女性駐日大使」となり、「女性の権利では後進の日本」に大きな影響を与えることができるだろう、と指摘している。(中略)
反対派は、歴代の駐日大使は、ライシャワー氏やアマコスト氏ら日本専門家だったり、マンスフィールド、モンデール、フォーリー、ベーカー各氏ら議会の重鎮が中心。米経済戦略研究所のプレストウィッツ代表は『フォーリン・ポリシー』誌に「ライシャワー氏に始まる駐日大使の地位をおとしめるだけ」と痛烈だ。

キャロラインさんは08年大統領選後、上院議員(ニューヨーク州)から国務長官に転身したヒラリー・クリントン氏の後任の上院議員への意欲を示したが、米紙のインタビューで、言葉が見つからないときによく使う「you know」を連発。公的な仕事にふさわしくない、などの批判が出て、断念した経緯がある。

1.露払い
田中真紀子氏とは言わないまでも、物議を醸す。駐英大使にもたびたび目されたが、オバマが大統領に選出されると国務長官に就任するヒラリー・クリントンの後継として、上院議員に意欲をみせた。

2.日米関係への貢献値
故ケネディ大統領は日本人にとって憧れの存在で、知名度と親密な関係を期待できる。

「ケネディ大使」で赤坂にパパラッチ集結か [春名幹男「国際情報を読む」] (日刊ゲンダイ)

次の駐日米大使への指名がほぼ確実な故ケネディ大統領の長女キャロライン・ケネディ氏(55)。

父が暗殺された悲劇は5歳の時。そして1969年、11歳の時に彼女をモデルにしたニール・ダイアモンド作の「スイート・キャロライン」がヒットした。

弁護士にして作家、そして与党民主党の有力者。まさにアメリカを代表する超セレブだ。

菅義偉官房長官は「日本でケネディ大統領は非常になじみがあり、あこがれを持っている」と歓迎を表明した。日本側の受け止め方はいつも、そんなふうに情緒的だ。だが、彼女は単なる名家出身のエリート女性ではない。自立心が強く、政治的には非常にリベラル。歯に衣着せぬ発言が時に物議をかもす。

2008年米大統領選予備選ではクリントン氏を支持せず「人々をこれほど鼓舞したのは父親以来」とオバマ氏を支援した。

しかし就任後のオバマ大統領は、期待したほどリベラルではなかった。彼女は失望し「彼の声に我慢できない。彼は嘘つきより悪い」と語った、とホワイトハウスの内幕を描いた本「アマチュア」(2011年)で紹介された。

09年クリントン上院議員が国務長官に転出後、空いた議席を狙ったが、選挙区のニューヨーク州内で反対も出て、断念。オバマ大統領に教育に関する提言を出したが、無視されて不満を募らせたとも伝えられていた。

そんな中での大使起用。大使人事は通常、論功行賞か邪魔な大物を海外に放り出すかのいずれか。彼女はその両方、と言えるかもしれない。クリントン国務長官だと実現不可能だが、ケネディ家に近いケリー国務長官の就任で本人の希望と大統領の意向がうまくマッチさせられたようだ。

だが、彼女が日本で自民党政権とうまくやれるかどうかは別問題。

何せ彼女のリベラル姿勢は半端ではない。同性婚にも自動車産業支援にも全面賛成だが、自由貿易には条件を付ける。環太平洋経済連携協定(TPP)に対する姿勢は未知数だ。保守の自民党にどう対応するか、注目だ。

もうひとつの難問は、パパラッチ対策。3月中旬、デザイナーの夫(67)と2人の娘と過ごしたカリブ海の仏領の小島で水着姿を撮られ、英紙に掲載された。

大使公邸は東京・赤坂の大使館裏。警察の警備はさらに大変になる。

寒の戻りと豊岡市長選の日曜日

<
春の小川とタンポポ

今日はいいお天気ですが、昨日は豊岡市長選が行われました。
対抗候補が共産党の方1名でまあ言わば何ですが結果が分かっているのと、あいにくの寒さと時雨模様の中、選挙には必ず行く私でも躊躇しそうな選挙日和。
投票率は低かったようです。
予想通り、現職の中貝市長が再々当選でした。

また、昨日は、お菓子の神様「田道間守命」をまつる中嶋神社(兵庫県豊岡市三宅)で21日、例大祭「菓子祭」が開かれました。

豊岡市長は中貝氏 兵庫
産経 2013.4.22 02:02

任期満了に伴う豊岡市長選は21日投開票され、自民、公明推薦で無所属現職の中貝宗治氏(58)が、無所属新人で元同市議の西垣善之氏(65)を破り、3選を果たした。投票率は47・84%。同市が平成17年4月に1市5町が合併して以降、市長選が選挙戦となったのは初めてだった。

◇豊岡市長選

開票終了

当   24806 中貝 宗治 無現 【自】【公】

8165 西垣 善之 無新

中貝 宗治(なかがい・むねはる) 58 〔3〕

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

Scroll to top