毎日使うのだからキーボードこそこだわった

今のPCは2011年に前のDell PCが調子がおかしくなって、そんなにお金をかけられないので急いで4万円くらいだった価格コム限定モデルを購入したHP 東京生産のもの。お買得モデルで、CPUはそれほど高くないが、メモリーを8MBに自分で増設したので、動画以外の複数画面でもストレスはなくなったが、windows10にして、どうも起動時にPCのハードディスクがロックすることがあるので、HPの法人用超スリム型HP ProDesk 400 DMシリーズを考えていた。

ところが、何度かwindows10を再インストールしているうちに起動のHDDがロックする異常がなくなり、今は問題なく動いている。仕事でExcellやWordを使う分には最低プランのインテル Celeron® G1840T プロセッサー/メモリー2GB ¥38,800 (税抜)でも充分かもしれないが、画像処理ではメモリーは4GBで遅いので8GBにしたので、できることならインテルCore(TM) i5-4590Tプロセッサー(2.0 GHz)、メモリー16GBに構成を上げると82,944になるのだ。

取り敢えず今使い勝手が悪くなって最低限必要になったのが、PC付属のワイヤレスキーボードであった。PCで最も接するのはキーボードとマウスだ。マウスはすでに付属品が動作が劣化したためLogicoolの2千円台のものを家電量販店から購入して使用している。

付属のキーボードがブラックなのでキーがすり減ってテカって見づらいのだ。いろいろキーボードを調べてみた。メンブレンのキーボードなら千円台からサードパーティ製品が出ており、最近はノートPCで使われるパンタグラフ式のキーピッチが小さいものをデスクトップでも使用するようになっているようだ。アップルのmacのキーボードはデザインが素晴らしいが、そのパンタグラフでキーピッチが薄いので、柔らかのが好みの人はいいかもしれないが、今のデスクトップのメンブレンでもNEC PC98で育った人間には頼りなく、文字をローマ字入力するときに同じキーを連続して押していることがある。

ふと考える。キーボードやマウス「いつも使うもの」「無くてはならないもの」には特にこだわるべきだ。ながく使える、気持よく使えるからトータルで見ると非常にお得だと(ツクモ)。

現在使用中のHP USBワイヤレスキーボード

いつからホワイトからブラック全盛になったのだろう。蛍光灯の位置でキーが摩耗してテカって見づらい。

東芝TEC POSのホストコンピュータサブキーボード キーピッチと機能キーはグレー、文字はホワイトの2色配列のクラシカルキーボード PS/2コネクター 東芝(最近はメンブレンで富士通がOEMでしているらしい。20年前からあるやつだが東芝製でしっかりしている)

(基本的にPS/2コネクターとUSBになった以外はそっくり重量もほぼ同じ)

原点に戻って見直すと、

  • ワイヤレスは複数の人に回す場合ならいいかも知れないが、一人で使うには別に必要でもない
  • 余計なメーカーの付属キーはいらない
  • 2色配列がいい
  • デスクがアイボリーなのでホワイトキーボードの方が疲れないと思う。書類などは白いのに、キーボードが黒いと目が疲れやすい
  • ワイヤレスのキーボードやマウスは電池切れが生じる

ワイヤレスでいいことはコードが邪魔にならないという一点のみだろう。ワイヤレスのキーボードやマウスは電池切れが生じるが、細いコードが普段気になるだろうかと。

東プレ REALFORCE 108UH 統一荷重キーボード/静電容量無接点/ALL45g/108キー/USB SA0100

重量 1.4kg ネット調べの最低価格 15,072円(税込)NTT-X  Store

(アマゾン17,355円(税抜))

メカニカル(静電容量無接点方式)

発売開始日2007/3/28だから今年で9年前になる。

キーボードは付属品であり、しかも2千円も出せばバッファロー、サンワサプライ、エレコムなどからかなりの種類が販売されている。

キーボードに1万円以上も出すなんて・・・

実は、国産で探すと東プレREALFORCEとFILCO Majestouch、 あとはPCでメーカーの富士通くらいになっているのだ。しかも昔ながらのメカニカルのPC98やDOS/Vキーボードで使われていたキーが2色のものは東プレと富士通のみのようである。

実は、またクラシカルなメカニカルキーボードが売れているのだそうだ。最近やっとノートPCの安いやつを購入し使ってみるけど、あのキーボードの柔らかさが馴染めないのだ。

リアルフォース(REALFORCE)の打鍵感に­慣れると「もう他のキーボードは使えない」と言われるくらいプロ好みの有名なメーカー。

  • キーによって変えている「変荷重」。左端の「A」のように小指で押すキーが更に軽く(通常キーが45gなのに対し30g)なっている
  • 横から見るとキーがまっすぐになっていません。列ごとに指に向いて角度が付いている
  • 通常のキーボードの耐久性は1000万回だが、その3倍の3000万回まで耐えられる設計
  • キーボードが重いので滑らない。どんなにパワフルにタイピングしても、ビクともしない。
  • テンキー付き

 

安いものを頻繁に買い換えるよりも、高くて良い物を長期間使う方が、作業効率も、コスパもきっと良いはずなのだ。\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top