「清正公祭」と「日高夏まつり」

7月23日は「日高夏まつり」でしたが、本年から第四日曜日で28日(日)になります。

元々、起源は「清正公祭」清正公さんで、加藤清正公の命日です。立光寺には、熊本城主加藤清正公の墓所、熊本の本妙寺から木像を譲り受けお祀りして、清正公の命日である7月24日の前日に「清正公祭り」を行ったのが始まりと言われています』。
竹中江原区長と一緒です。

商工会青年部で夏祭りを長年携わり、いろいろ調べてレポート報告しました。その頃は、立光寺住職にお話をお聞きしたり、なんとか土日にすべきだと願いつつ、やはり祭りの由来は、加藤清正公の命日723日で替えられるものではありません。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Scroll to top