世界に目を向けよう。選挙の結果に構っている暇はない

参議院選は自民圧勝で終わった。

中国、安倍長期政権に警戒=右傾化懸念「不安定の源」―新華社【13参院選】

「安倍長期政権は、日本がアジア太平洋や世界における不安定の源になり、人々の心配要因になることを意味するだろう」として、日本の右傾化に警戒感をあらわにした。

 また新華社は「もし安倍氏が歴史問題、領土係争、防衛政策などで日本の民族主義感情を扇動し続ければ、国際社会での信用をさらに失うことになり、東アジアの平和・安定に対してさらに多くのマイナスの影響をもたらすだろう」と懸念を示した。

世界に目を向けよう。選挙の結果に構っている暇はない。

「成長弱く、失業率高い」=IMF専務理事

2013年7月21日 00:02 (時事通信社)

【モスクワ時事】国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は20日、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の閉幕を受けて声明を出し、世界経済の現状について「多くの国では、成長が非常に弱く、失業率が高すぎる」との厳しい認識を示した。

 同専務理事は「米国および日本経済には力強さがみられるが、ユーロ圏諸国の景気後退は続いており、多くの新興国で成長ペースが鈍化している」と指摘した。

しかし、靖国参拝A級戦犯問題、従軍慰安婦問題、南京大虐殺などいずれもその発端は、朝日新聞の捏造である。

すべて外交問題は、GHQによって公職追放され、共産党員など左翼が教育、マスコミに配置され乗っ取られた、戦後トチ狂った国内のインテリ風左翼学者・言論人の内患罪であるのだ。
そして自民党は一枚岩ではないことだ。党内の新自由主義者たちが、新たな火種になりそうだ。

安倍晋三総理はそのことを良く理解している。
ひとつひとつ、70年間の戦後レジームを脱却するためには、これから時間がかかるだろうが、長期安定政権が誕生したことは、何よりの慶びである。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

 それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top