三川権現社・式内 美伊神社を訪ねて


美伊神社下から三川山を望む

14日に、三川山の北の麓にある三川権現社・式内 美伊神社を訪ねました。雪があり、無理かなと思ったのですが、但馬国式内社131座の最後に残っていた式内社です。但馬は131座と、全国でも旧国名で四番目に式内社数が大変多く、神社巡りには恵まれています。

三川権現社式内 美伊神社に神社の詳細は書いています。

三川山は小学生の頃、母や姉弟でハイキング登山した思い出の場所です。私の住む豊岡市日高町と香美町の境に位置する霊峰で、標高 888m。但馬妙見山から続く但馬中央山脈の北端にあり、シャクナゲ群生地として有名です。日高町稲葉から三川権現はすぐ近いのですが、車ではぐるっと竹野から大回りすることになります。三川集落からバスで佐須駅に行き、江原まで旧国鉄で帰りました。

三川山頂上にNTTとテレビ中継局があるので自動車作業道路があり、平坦な道ですが、香住側は険しい細道だったのを憶えています。

佐須インター国道178号線から川沿いに10キロほど登ります。雪が積もっていましたが、予想より少なく神社に行くことは可能でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Scroll to top