石原知事「日本人も捨てたものじゃない」尖閣購入で

石原知事は11日正午現在で都庁の寄付口座に3万5821件、計4億6979万6129円の入金があり、このほかに起業家から1億円の寄付の申し出があったことも明らかにした。

その上で、「東日本大震災が引き金となり、国土がいかに大切かという意識が呼び起こされた。国が何もしないなら、自分たちの手で国を守りたいという意識の表れ。うれしさで胸がいっぱいだ」と述べた。

都はホームページに石原知事直筆の感謝のメッセージを掲載。寄付した人の住所が分かる場合は礼状を郵送する。


寄付金口座は、みずほ銀行東京都庁出張所(店番号777)、普通口座1053860「東京都尖閣諸島寄附金」。寄付金控除対象。問い合わせは都知事本局尖閣諸島寄附担当(電)03・5388・2206(平日午前9時~午後6時)。
(産経2012.5.11 23:39)

8日までの12日間で3億円を超えた。7日時点では計2億2789万8890円、1万7752件で、1日で約9千万円集まったことになる。と聞いたばかりなのにすごいペースだ。

でも、産経新聞だけが記事と寄付金口座を掲載しているのに他の大手新聞は記事すら書かないのは異常である。いかに中国韓国には、バイアスをとっているか。日本のメディアなのに、中韓に都合の悪いことは書こうとはしない。なぜ、侵略戦争も強制慰安婦もないのに、朝日や毎日やNHKなどメディアは、事実ならともかくでっち上げてまで貶めようとするのか?国に寄与しないばかりか害悪である。そのような産業は淘汰されるだろう。いやもう嫌悪感を抱きそっぽを向かれているが。

国民はしっかりしているのに、大手メディアや民主党や一部自民党内もずれている野田。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。↓ブログ気持ち玉もよろしく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top