kojiyama.netの総合フロントページ

【中国軍のエアパワー】3/8 「国土防衛型」から「攻防兼備型」エアパワーへの変貌

攻撃力を急伸させる中国空軍に備えはあるか
日本とアジアの制空権を中国が握る日が来る

JBPRESS 2010.05.31(Mon) 永岩 俊道

直視すべき「中国軍エアパワーの近代化構想」

中国人民解放軍司令員、許其亮上将は、2009年11月の空軍創隊60周年記念式典において、「21世紀は空の時代。無限の空域を制すれば、陸上、海洋、電磁領域において戦略的主導権を掌握できる」と述べた。
これは中国が宇宙での作戦と連動した形で、質量ともに世界のトップレベルの空軍を構築する意欲を鮮明にしたものと受け止められる。また、「空および宇宙での軍事競争は避けられず歴史的必然だ」と述べていることにも配意しておかねばなるまい。

中国空軍は、近代化改革への実質的着手として、空軍発展戦略および対空・ミサイル防衛等の重要事項に関する研究開発を推進するとともに、大量の主要装備の世代交代・改善を図りつつ、精密誘導ミサイルのシリーズ化および早期警戒・偵察機等、大型情報収集装備の運用を推進している。

また、軍事訓練の全面的発展を推進するとして、現代戦を研究し想定した使命課題に基づく集中訓練を実施するとともに、全軍初となる大型の電子戦訓練場を設立するとともに、軍区空軍による複雑な電磁環境下におけるシステム対抗訓練を実施している。

空軍の将来的整備構想は、21世紀中葉までに優れた政治思想、適切な規模、合理的な部隊編成を有し、安全保障上の多様な脅威へ対応できる「情報化条件下における局地戦」での勝利および多様な軍事任務遂行上のニーズを満たすことが可能な戦略空軍へと整備することとされている。

また、「機械化」から「情報化」への転換、「航空戦力型」から「航空宇宙戦力一体型」への転換、および「国土防衛型」から「攻防兼備型」への転換を実施している。
そして、「長距離から精密な航空攻撃」「情報化条件下における敵の航空攻撃対処のための防空・ミサイル防衛作戦」「航空・宇宙・地上戦力が一体となった情報支援」「空地協同による電子戦・サイバー戦」「全方位への戦略的戦力投射能力」等の本来任務における軍事力を全面的に向上させることとされている。

看過できない中国軍の「戦略投射能力の向上」

中国は米国のような「グローバル型軍事力」こそ追求しないが、グローバルレベルで兵力を運用できる能力を備え、少なくとも本土以外のエリアで兵力を運用できる能力を備えた「有限グローバル型軍事力」あるいは「有限対外投射型軍事力」を整備していくとしている。

具体的には、長距離進攻型の作戦プラットホーム、軍事力投射のための技術手段、本土を越えた軍事行動を指揮統制できる宇宙システム、柔軟な編成が可能で両用作戦能力を有する統合部隊等の整備が必要であるとしている。

中国軍におけるエアパワー近代化の中心にある重要な概念は、この「有限対外投射型軍事力」の整備に焦点を当てた、いわゆる「戦略投射能力向上」構想であろう。
それは一見抑制的かつ平和的であり、米国のグローバルな軍事力には挑戦しないという印象を受けるが、懸念を抱かざるを得ないのは、実は我が国の領土領空や排他的経済水域も、この中国の言う「有限」の範囲内であるということなのである。

中国はこのように周辺地域のみならず、国益上必要な中東に至るシーレーンや資源供給国を「有限」の範囲内と称して、一見温厚な施策により国際社会での摩擦を巧みに回避しているのである。

「国土防衛型」から「攻防兼備型」エアパワーへの変貌

中国軍のエアパワーは元来、地理的、歴史的に「国土防衛型」であった。しかしながら、今や中国を侵略するという国などないにもかかわらず、中国軍は強力な「攻防兼備型」エアパワーの整備に躍起になっている。

中国軍は、米軍を範として、強力な攻撃能力こそ戦争を終結できる(あるいは中国が生き残れる)重要な要素と考え、熟考の末「国土防衛型」から「攻防兼備型」へとトランスフォーメーションしなければならないと考えている。

そもそも中国は、「軍事作戦の歴史は攻勢作戦の歴史であり、強力な攻撃能力なくして国の防衛は成り立たない」と考えているところがある。
朝鮮戦争を戦った毛沢東の「およそ戦争の目的の中で最も重要なのは敵を消滅することで、自分を守ることはその次である。(中略)敵を消滅させる主要手段にできる攻撃こそ最も重要で、敵を消滅させる補助手段や自分を守る手段にできる防御は次に重要」という戦いの原則は、現代の中国軍にも脈々と継承されているのである。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。↓ブログ気持ち玉もよろしく。

0
0 Comments

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください