民放キー局、TBS以外は黒字 3月期決算~これでいいのか、日本のメディア~50年後を考える~

民放キー局、TBS以外は黒字 3月期決算
朝日新聞 2010年5月14日18時39分

民放キー局5社の2010年3月期連結決算は、TBSホールディングスを除く4社の純損益が黒字になった。企業が広告費を削り、厳しい状況が続くが、番組制作費などを抑えて利益を出した。

TBSは01年に連結決算を公表して以来初めて純損益が赤字になった。昨年4月に番組を改編したが、視聴率が低迷して広告収入の減少に拍車をかけた。

前期に開局以来初めて純損益が赤字になったテレビ朝日は30億円の黒字、日本テレビは前期の3倍の黒字だった。いずれも減収だが、番組制作費を削って利益を出した。フジはカタログ大手のセシールなどを子会社にして増収だったが、費用の削減が進まず、純利益は半分に減った。

テレビ局の収入源である広告収入は厳しい。番組と番組の間に流す「スポットCM」は9月以降増えてきたが、企業が特定の番組のスポンサーになってその番組中に流す「タイムCM」は前期より1~2割減った。各社は今後も広告収入は伸び悩むと見ており、TBSと日本テレビは11年3月期の売上高は減収を予想している。

これまで本業の赤字を、アカサカサカスなどの不動産部門で黒字決算を維持していたが、それでも初めて補えなかった。
5月15日

5月11日に開催されました公開討論会、第2回シアター・セミナー。

「これでいいのか、日本のメディア~50年後を考える~」

当日の模様を収めました映像がピラニアTVにていよいよ本・日・解・禁です!

ほぼノーカットの映像は当日から72時間後というスピード配信となります。
そのため、もう一度ご覧になりたいという方、当日参加することができなかったという方にも、まだ冷めやらぬ熱気を「そのまま」感じて頂けると思います。

ぜひお見逃しなく!
└→  http://www.theatertv.co.jp/seminar/02/movie/index.php

7人の登壇者による熱い議論を“そのまま”お届けすべく「ピラニアTV」では討論はノーカットで配信!貴重な体験談も交えつつ本音で語る登壇者たちの熱い討論をたっぷりとご覧くさい。(討論・質疑応答で約2時間)

第2回 シアター・セミナー

これでいいのか、日本のメディア~50年後を考える~
■日時 2010年5月11日(火) 開催時間:17:30 受付開始 18:00開講 (20:00終了予定)
■会場 日本財団ビル1階 〒107-8404東京都港区赤坂1丁目2番2号 Tel. 03-6229-5111
■定員 200名(全席自由)
■パネリスト 日下公人(評論家)、志方俊之(軍事評論家)、堤 堯(ジャーナリスト)、武田邦彦 (中部大学教授・工学博士)
高山正之(ジャーナリスト)、大塚隆一(株式会社シアター・テレビジョン代表取締役会長)
■ナビゲーター 黒岩祐治(ジャーナリスト)

7月には登壇者のコメントも入れて1時間30分にまとめた放送版をシアター・テレビジョン(スカパー!262ch.ほか)でOA!放送日は6月下旬にホームページ内で発表いたします。

黒岩祐治さんは、フジテレビを退社された。しかし、ツッコミ方が「新聞はなくなるか?」「温暖化は正しい」「広告収入が減少したから低下した」とか、報道2001の頃と同じで胆略的に結論を決めたがるところがある。高山さんは産経新聞は広告が少なかったから記事で埋めなければならなかった。だから産経新聞は国際面が充実したのだよと。チャンネル桜はセットもちゃいいが話が面白い。一切スポンサーを排除しているから何でも正論を言えるからだ。

つまらないから売れないだけである。私は30年前から朝日新聞と毎日新聞、NHKはつまらなかったし、おかしい内容があるのではないかという疑念を感じることもあった。かつてはNHKや朝日新聞は権威のように思われていた。だからすべて正しいのだと信じていた。しかし、取材が行われて違う見方や意見ならまだしも、雑誌や媒体が増えて、違う内容も観る機会が増えてくると意図的に恣意、捏造の記事や報道が行われていることがわかってきた。

つまらなかったら買わなければいい。見たい人、読みたい人は買えばいい。ウソでなければ意見は自由だ。たたそれだけだ。しかし、NHKは受信料を半ば強制的に払わされる。これはこれはおかしい。選択の自由に反するのではないだろうか。払う義務があるならば国営放送にしてそのままノーカットで国益になる放送に徹するべきである。そうでなければ見たい人だけが受信料を払うようにするのが民主主義国家である。

ハードであるi-Padや地デジ、インターネットが進んでも、サラリーマン化した新聞、テレビなどのコンテンツは低下している。だからアメリカの新聞の方が個性があって面白い。ワイントンポストガどちらかの政党寄りなら、違う新聞は別の政党寄りでいいではないか。朝日新聞でも毎日新聞でもそれを好む人が購買して、そうじゃないと思う人が産経新聞を購買して競えば面白い。

戦時中はNHKしかなかったから戦争を応援し、朝日新聞、毎日新聞もそうだった。GHQによって反戦記事に180度転換させられてそのまま、戦争反対、私たちは被害者だった。そこから65年間思考停止状態だ。へ~、白けるだけである。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。↓ブログ気持ち玉もよろしく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top