kojiyama.netの総合フロントページ

混迷の政治を知るためには正しい歴史を学ぶ

WiLLで知って、渡部昇一「戦後」混迷の時代に「日本の歴史」〈7〉戦後篇と昭和の大戦への道 渡部昇一「日本の歴史」6 昭和篇(ワック)をアマゾンで購入し、渡部昇一先生のお話や文章は分かりやすいし、戦争体験からの貴重な方だ、昨日一気に読んだ。このシリーズは渡部昇一先生の集大成といえるものである。多くの政治家こそ必読である。

渡部昇一「日本の歴史」シリーズ 全7巻+別巻
隔月でぞくぞく発売予定!
1.古代篇 現代までつづく日本人の源流  2011年1月中旬発売予定
2.中世篇 日本人のなかの武士と天皇  2010年11月中旬発売予定
3.戦国篇 戦乱と文化の興隆  2010年9月中旬発売予定
4.江戸篇 世界一の都市江戸の繁栄  2010年7月中旬発売予定
5.明治篇 世界史に躍り出た日本  2010年5月中旬発売予定
6.昭和篇 「昭和の大戦」への道  2010年3月16日発売
7.戦後篇 「戦後」混迷の時代に  2010年1月23日発売
8.資料篇 読む年表  2011年3月中旬発売予定

渡部昇一「日本の歴史」第7巻 戦後篇
「戦後」混迷の時代に
「日本人のための日本の歴史」第一弾。国をおとしめ、歴史を歪めてきた者の正体を明らかにし、彼らが形成してきたサヨク的「戦後常識」のベールをはがしてみれば、そこには父祖の世代が志した、まっとうですこやかな歴史観がみえてくる。まるで、夕立のあとの、虹を仰ぐような清涼感を覚えることだろう――。こんな歴史を待っていた!

渡部昇一「日本の歴史」第6巻 昭和篇
「昭和の大戦」への道
日本人のための「日本の歴史」第二回配本・昭和篇。「昭和の大戦」はリーダーなき二重政府の悲劇と、「絶対的排日移民法」を制定したアメリカの一方的な対日憎悪によって引き起こされた。ファシズムとソヴィエト社会主義、「右翼社会主義」はいかにして生まれたか。日本は本当に「侵略国家」だったのか。満洲建国の必然性、闇に葬られたシナ事変の真実とは? マッカーサーも認めた「自衛戦争」に至る道をわかりやすく明快に解き明かす。

※ 7.「戦後篇」から、1.「古代篇」へと遡って順次発刊していきます。
http://www.web-wac.co.jp/publish/

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。↓ブログ気持ち玉もよろしく。

0
0 Comments

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください