ワシントンで隣の晩ごはん

100414042_188x141
日テレNEWS24

鳩山首相「大変意味があったと思う」
日テレNEWS24 2010年4月14日 13:50

 アメリカ・ワシントンで核セキュリティーサミットに出席していた鳩山首相は、サミット終了後に会見し、「いつあるかわからない核テロに対するサミットを行った、そのこと自体が大変意味があったと思う」と述べた。

 鳩山首相は、「率直にみんなが意見交換ができた。日本としても、その存在というものをしっかりと申し上げることができた。核テロの脅威について、世界が協力しよう、ネットワークをはろう、情報を共有しようということを示すことができただけでも、大変意味があったと思う」と述べ、成果を強調した。

 

東シナ海ガス田 国益守れてこその友愛だ

 鳩山由紀夫首相は中国の胡錦濤国家主席とも会談した。

 麻薬密輸を中国で裁かれた日本人4人の死刑が執行されたことに一言もふれなかったのは問題だが、評価すべき発言もあった。日中間の目下の最大の懸案である東シナ海のガス田開発問題について、「早期の交渉開始のため、胡主席自ら関係部局に指示してほしい」と迫ったことだ。
(中略)

 だが、現実はどうか。今月10日、沖縄本島と宮古島の間の公海上を中国の潜水艦2隻を含む10隻の艦隊が通過したことが明らかになった。示威行動とも受け止められる中国海軍の動きである。
 「友愛」のかけ声だけでは国益は守れず、まして「平和友好」も望めない。(産経新聞)

鳩山首相が9月にロシア訪問、北方領を協議

 ロシアのメドベージェフ大統領と核安全サミットの会場で約25分間会談し、北方領土問題について本格的に議論するため、9月に就任後初めてロシアを訪問する意向を表明した。

 大統領が9月にロシア北西部ヤロスラブリで開く国際会議に合わせた日露首脳会談の開催を提案し、首相が応じた。

 会談で、大統領は領土問題について、「難しい問題だが、逃げるつもりはない」と積極的に議論する姿勢を強調したのに対し、首相は、「問題解決のためには、首脳レベルでの話し合いが不可欠で、それを通じて解決の道を探っていきたい」と述べた。

 両首脳は9月のヤロスラブリでの会談のほか、6月にカナダ・ハンツビルで開かれる主要8か国(G8)サミットや、11月の横浜市でのアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の機会を利用して、領土問題の議論を深めることでも一致した。

 首相は会談後、ワシントン市内のホテルで記者団に「帰属の問題自体を解決しようじゃないかと申しあげた。先方も望むところだと。政治のトップ同士が解決するのが唯一の手段だ」と強調した。(読売新聞)

日本の領土は千島列島は4島じゃないんだけど。カムチャッカ半島以南からと南樺太は不当占拠。5月辞任説が農耕なのに9月までやれるつもり?

普天間基地移設問題、日米間の温度差とは

日テレNEWS24 2010年4月14日 1:18

 鳩山首相は12日、オバマ大統領と夕食会の場で非公式に会談し、アメリカ軍普天間基地(沖縄・宜野湾市)の移設問題を5月末までに決着させる意向をあらためて伝えた。しかし、この問題は、日本とアメリカで温度差があるようにも感じられる。

 13日付のワシントン・ポストは、オバマ大統領が公式に会談した中国・胡錦濤国家主席については1面で写真も取り上げているが、鳩山首相については記事でもまったく取り上げていない。

 また、鳩山首相との会談についてのホワイトハウス側の発表でも、「普天間」という言葉はなかった。日本問題の専門家などに話を聞いても、普天間問題は日本側が解決すべきことで、このタイミングでオバマ大統領が乗り出すような問題ではないという冷めた見方が広がっている。

 そんな中、鳩山首相の周辺が極秘にアメリカ側に働きかけていることがわかった。本来は外交担当ではない秘書官が今回、鳩山首相に同行し、表の日程とは別に、裏でキャンベル国務次官補ら多くの政府高官らと協議しているもよう。これは、鳩山首相が日米関係を軽んじているのではないかという疑心暗鬼がアメリカ側に広がっているため、鳩山首相の懐刀を自称する秘書官が自らきちんと説明し、失われている鳩山首相への信頼を回復したいとみられる。

 やや遅きに失した感もあるが、こうした努力が報いられるのか、鳩山首相は正念場を迎えている。

CO2を25%削減と言っている鳩山首相は多忙ななか、世界でもアメリカと日本しか使用していない燃費が悪くCO2を発生するジャンボ政府専用機を千歳から羽田に呼び出してワシントンを訪れ、夕食(晩ごはん)の時間帯にオバマ大統領に10分間インタビューしに行った。何とも高い隣の晩ごはん。ヨネスケでも1回のロケーションでおおむね2、3軒の家を訪ねる。こんな無駄な日程は自腹だったら絶対行かないはずです。

もはや内外ではその発言に信用がなくオオカミ少年とさえ蔑まれているのではないか。空気のような存在で空気なら役に立つが、むしろ害があるという意味でCO2総理、救いようがないと言う意味ではメダカ総理である。

メダカの生態

 本州・四国・九州の止水域や緩やかな流れのある川などに広く分布し、その他海外では朝鮮半島西部、アジア大陸東部、台湾・海南島に生息しています。

 湖や沼、、河川下流のよどみ等止水を好み、流れの強い川には生息出来ません。しかし、高温(38℃くらい)、塩分、汚濁などには比較的強く、汽水域や有機物の多い富栄養化した水域にも生息し、繁殖します。餌は動物性のものを好み、主にミジンコなどの浮遊生物を食べていますが、植物性のプランクトンも食べる雑食性です。

つまり東アジアが大好きで、よどんだ水が好きで雑食性なのは野合の政党ととてもよく似ていますね。

ワシントンと桜


中島マリ「鳩山夫人・鳩山幸のものまね」鳩山似幸 「さくら」をみなさんで歌いましょ!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。↓ブログ気持ち玉もよろしく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top