オリンピックを観て国家意識がない政治におさらばえ

冬季オリンピックも中盤にさしかかった。日本国内の不況とそれに関係なくアホな鳩山・小沢の中国共産党的全体主義政権のうっぷんを抱えているこの時期に、格好の気晴らしを与えてくれる。
 しかし、冬季オリンピックは、新しい種目がどんどん増えていて、これはスポーツなのか?アクロバットなのか、ショーなのかと思えるような種目が多くなった気がする。モーグル、スキークロス、スノーボード、ハーフパイプ、、スケートのフィギアやショートトラックなど、転倒する選手が続出する競技。大回転では多数の選手が転倒し、骨折したり、またルージュではグルジアの選手が練習で死亡した。いうまでもなく国を代表する運動神経と技術力のある選手たちだ。
 秋季オリンピックと比較して、より高度な道具を使い、スピードや新しいテクニックは危険さをどこまで増していくのだろう。ハラハラするのは観ていて心臓に良くないのではないかと思うほどである。
また、カーリングは、面白いと思うけどスポーツなのだろうかと誰でも感じる点があると思う。
ビジネスにおいても文化・スポーツにおいても、新しい創造と開発を行うのはアメリカだ。それは世界のあらゆる分野で一目置ける存在だ。その根本は進歩に向かって専門性にこだわらず合理的に複合的に目指す力だ。
しかし、バイアスロンやジャンプ、回転などの伝統的ノルディック競技の汗をかいて必至に戦う種目と新しい種目の間にあるギャップは何だかわらなくなる。
世界選手権大会とオリンピック。「参加することに意義がある」とクーベルタン男爵は言ったが、オリンピックは世界のスポーツの祭典でいいのではないか。
でも、もっと何がしたいのか分からないのは、アホな鳩山・小沢の中国共産党政権だ。不正やルール違反はいけないし、少なくても何がしたいのか意味が分からないもの、必要がないものはいつの世も厳しい世論によって自然淘汰されていくのだろう。オリンピックの選手には国家があるが、鳩山・小沢やその他与党には国家意識がない。顔を見ていると不快になる人間が政治をしていては正々堂々、明るい未来は来ないことはみんな気づいているだろう。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

1 Comment

  1. 広く浅い生活
    2010年2月24日

    フィギュアスケート女子に....  16℃の気温に....

    おはようございます。今日も朝からいい天気!暖かくなりそうです。それにしても....昨日から....今日も16℃?凄い!春ですね~過ごしやすい季節到来!でもね~昨日あたりから....花粉症がね~鼻がムズムズ。何だか、仕事に集中できない!テレビでは....…

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top