NHK、朝日が報道を正せば日本は明るくなる

ジャーナリスト 高山正之氏は、「朝日が報道を正せば日本は明るくなる」と述べている。
過去の画像をさがしてみた。

1/3朝日新聞の暴走、ミャンマーと中国  高山正之氏(ジャーナリスト:元産経新聞記者、元帝京大学教授)[桜2007年10月05日]
余談ですが、若い頃一時朝日新聞を購読していた。阪神ファンだから読売はとらないのと、インテリは朝日とNHKであるという風潮に影響されたのだ。しかしあまりにも抽象的で批判ばかりでつまらないのと地元記事が薄いため地元紙に替えて久しい。店では読売をとっている(産経に代えたいのだけど神戸と読売のお客は得意なので)。総合力で読売は記事がくわしいと思う。

『ウェークアップ!ぷらす』 外国人参政権について 2010年01月30日
辛坊と勝谷、鳥越、大谷、田嶋陽子は嫌いだが、YTVは関テレ共に関西でこの問題など報道にがんばっているテレビ局だ。
出演者:片山善博(元鳥取県知事、慶應義塾大学大学院教授)、森本敏(拓殖大学大学院教授・海外事情研究所所長)、岩田信夫(YTV解説委員)他
世界の国々では永住者は納税しなければならないが選挙権は国籍を取得する人にのみ与えられ審査は厳しく忠誠を誓う宣誓が求められ別である。

青山繁晴のココだけ話!第七回(外国人参政権編) 209年12月7日

元外国人が「外国人参政権」をどう見ているか 2010年01月31日
今や同胞である3人の元外国人、石平(中国) 呉 善花(韓国)金 美齢(台湾)諸先生方が、「外国人参政権」をどう見ているか。1月25日、憲政記念館での国民集会。忙しい人のため編集した。(katyuさん)
石平氏は日本国籍を取得するために覚悟を決めて役所へ行ったら、あまりにも簡単な書類作成のみだったので拍子抜けしたと語っている。蓮ほう議員も日本生まれだが父親が台湾籍のため、数年前に日本国籍を取りに行ったら簡単で拍子抜けしたと同様に述べている。
原口はテレビばかり出ていて親しみがもたれているが、「可愛そうな歴史があるから帰化条件を緩和すればいい」といっている。これ以上どう緩和するのか?無知でポリシーがない。
強制連行はウソです
小沢、千葉、前原、赤松など賛成者は民団の票が欲しい。それが本音だ。在日韓国人は帰化が進み、50万人を下回っている。
ほとんどは終戦後、身分制度の激しかった朝鮮で白丁として差別され仕事もなかったり、済州(チェジュ)島は歴史的に流刑地だったことなどから朝鮮本土から差別され、また貧しかった済州島民は、当時の日本政府の防止策をかいくぐって新天地を求めて日本は自由な国だと日本へ出稼ぎに行き、定住する者もいた。韓国併合後、日本統治時代の初期に同じく日本政府の禁止をやぶって朝鮮から日本に渡った20万人ほどの大半は済州島出身であったという。
日本の敗戦による朝鮮半島解放によってその3分の2程は帰国したが、終戦後、済州島四・三事件で起こった島民の蜂起にともない、南朝鮮国防警備隊、韓国軍、韓国警察、朝鮮半島本土の右翼青年団などが1954年9月21日までの期間に引き起こした一連の島民虐殺事件が行われたために日本へ逃亡した。
1948年8月15日の大韓民国成立後も韓国軍(この時正式発足)によって継続して行われた。韓国軍は、島民の住む村を襲うと若者達を連れ出して殺害するとともに、可愛らしい少女達を連れ出し、数週間に渡って輪姦した後に殺害した。
1950年に南北朝鮮労働党が合同し、金日成の朝鮮民主主義人民共和国が韓国(本土)に侵攻(朝鮮戦争)すると、朝鮮労働党党員狩りは熾烈さを極め、1954年9月21日までに3万人が、完全に鎮圧された1957年までには8万人の島民が殺害されたとも推測される。また、韓国本土で保導連盟事件が起きると本土と同様に刑務所で1200人が殺害された。在日韓国人はその人たちで強制連行されたのではない。マッカーサーはじめ日本政府は帰国を斡旋したが拒否して留まったのである。
強制連行、従軍慰安婦(実際は売春婦)、南京大虐殺、靖国神社A級戦犯合祀(区別であり犯罪の等級ではない)は朝日新聞の捏造で、中韓はそれを政治利用したのです。朝日は一切謝罪しません。他にも朝日は捏造が耐えません。NHKや朝日は自らの反省をせず、すべては軍部が悪いと決めつけて責任転嫁しています。

【魔都見聞録】日中歴史共同研究なんてまっぴらゴメンだ![桜H22/2/1]
NHKははっきりいって狂っている。視聴者の意見を全く聞こうとしない。
http://www.nhk.or.jp/
http://www.nhk.or.jp/css/index.html?from=toppage_css3
NHK、朝日、民主党、社民党をぶっつぶせ!
そしたら日本は明るくなるのだ!
過去でもアメリカは経済が混迷しどうにも行かなくなるといちゃもんをつけてきた。第二次世界大戦自体が恐慌からいちゃもんをつけて日本を封鎖したことの防衛戦だ。世界史上白人以外で最初に有色人種が人種平等を国際連盟常任理事国として宣言した国なのである。だから日本は大東亜共栄圏を掲げアジアを欧米列強から解放し独立国家にしようとした。
親日派の人は世界最古の天皇という王政で培ってきた日本に敬意を抱いている。しかし、オリンピックでも日本が優位になるとすぐにルールを変えたり、面白くないと思っているのは欧米だけでない。中国、北朝鮮・韓国だ。それは日本が世界の一流国になったのは、我々を犠牲にしたという妬みであろう。そんなことはないしアジアを開放しようと戦ったのが事実である。戦争は軍人同士のの殺し合いである。ささいないかがわしい兵隊もいかも知れない。それはお互い様であろう。
中国利権のために石油や資源を封鎖されて真珠湾を仕掛けたのもアメリカだし、日本は喰うか死ぬかで防衛戦争にいかざるをえなかった。英霊につばを吐きかけ続ける朝日や毎日、NHKを許さない。
臭う。
断固としてトヨタは闘うべきだ。悲しいことに鳩山民主党政権に起きたのだ。
日米同盟も今の民主党では恐ろしい。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

1 Comment

  1. 丹の国不易流行通信
    2010年2月12日

    ETV特集「シリーズ日本と朝鮮半島2000年」

    NHK ETV特集「シリーズ日本と朝鮮半島2000年」
    第10回 “脱亜”への道 ~江華島事件から日清戦争へ~
    1月31日(日)午後10:00~11:30
    江華島事件(1875年)をきっかけに、鎖国施策をとってきた朝鮮王朝を開国させた日本。その後、両国が文明化することで連携し、共に欧米列強に立ち向かおうと模索した人々がいた。福澤諭吉とキム・オッキュン(金玉均)である。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top