第三極が国民の支持を支える


1/4【討論!】「小沢問題と鳩山内閣の行方」Part2[桜H22/1/30]

2/4【討論!】「小沢問題と鳩山内閣の行方」Part2[桜H22/1/30]
ドイツナチスの綱領と民主党の政策はほぼ合致しているのは偶然か?
■拙速な二大政党制の失敗
ベテラン国会議員は、国を思いやりたいことがあるから、優秀だから政治家になったというよりも、親が政治家だから後を継いだ世襲議員が多い。子供の頃から親の背中や母の苦労した姿を見て尊敬はしても大変さがわかっているから憧れてなった人は少ないだろう。周囲に国会議員がいないよりも学ぶべき指標が身近にいるということは恵まれている。その後議員経験を積んで一部の人は才能を開花させるのだが、形式はよく知っているが何をやりたいのかがないまま後を継いだ人は、現状維持することになりがちで既成概念や慣習から抜け出す発想が乏しい。

3/4【討論!】「小沢問題と鳩山内閣の行方」Part2[桜H22/1/30]
■民主党今後の予想
2月、小沢は自ら辞任することは田中角栄が総理で内閣総辞職後、秘書の榎本敏夫などと共に逮捕されたことを熟知している。幹事長は辞めないだろう。地検が家宅捜査する可能性が高い。幹事長を辞任する。逮捕。角栄が闇将軍といわれた。離党後も影で民主党を操るか。
鳩山首相が辞任すれば副総理である菅氏か有力なのは原口総務相だろう。小沢を欠いたら保守派は分裂する。自民党も離党新党などで分裂する。7月参議院選で民主党が敗北すればねじれ国会となり、自民党政権時と同様に法案が通過しなくなり、解散総選挙となる。
辺野古は米軍再編のごく一部に過ぎない。辺野古がダメにあったら全部ひっくり返る。そこまで考えて発言しているのか?
鳩山首相は、普天間移設問題で県外・国外へと主張し、5月までに決着を図ると発言した。県外とはどこなのかわからないし、5月までに決着するのは、アセスメント調査や米軍交渉、また現地の住民説明でも不可能だ。辞任と引き換えに辺野古に帰着せざるを得ない。鳩山首相は持って5月まで。
民主主義を保守する米国・日本・台湾・韓国や中国の脅威を警戒するASEAN諸国にとって、ソ連崩壊で安全保障の脅威がなくなったわけではない。核を持つ北朝鮮、一党独裁で軍事力を強める中国の脅威は増しているのだ。鳩山と小沢という日本と日本人という意識が乏しい2人が政治のトップにいるのは、防衛問題で揺れ国政の戦後最大のピンチだ。小沢は政治の破壊屋として、鳩山は国益が乏しい首相として、この2人が国民をいやがうえでも不安感を強めている結果、過去にない保守の国民決起を生んだとすれば、むしろ功績といえるかもしれない。
日米対等、安保を見直すならば、国内にある在日米軍を削減し自主防衛をめざすことだが、もしそうなれば苦しい国家予算から最低でも軍事力増強には10年は要するという。
安全保障とは国家の領土や政治的独立外部からの脅威を軍事的手段によって守ることを主眼においた最も伝統的な安全保障の概念である。国防がこれに該当する。国防は国家が果たすべき最大の社会福祉であるという。
米軍は日本から出ていけとする安保闘争を受け継ぐ当時学生だった政治家が日本の国益まで考えていたか。米軍がいなくなればどのように日本の領土と国民を守るのかを具体的にいわない政党は、学生運動家と大差ない。したがってそのような政党や政府は有害だ。
日米安保体制は、在日米軍が終戦後も基地を置き占領しているというよりも、新憲法によって国防を米軍に守られてきたことを冷静に評価すべきである。しかし、日本国民を守るには日本国民でなければ米国の領土でも国民でもない米軍には道義的に難しいのは当然なのだ。

4/4【討論!】「小沢問題と鳩山内閣の行方」Part2[桜H22/1/30]
■自民党は?
戦後、独立を回復するために保守の合同を掲げ、自民党はまず経済再生優先で、自主憲法と自主防衛を後回しにしてきた。幾度もチャンスはあった。そして東西冷戦構造が崩壊し、日米安保の重要度と米軍再編。自主憲法と集団的自衛権、教育再生などを全面に出したのが安倍晋三氏だった。小泉、安倍、福田、麻生と1年単位で交代し支持率は最低となった。自民党への不信は民主党への政権交代を生んだ。それは民主党の人気ではない。自民党への不支持である。
民主党は不支持を増し、自民党にも支持は上がらない。国民は支持政党なしが大半であるが、しっかりとした信念の政党ができれば支持される。

元外国人が「外国人参政権」をどう見ているか 2010年01月31日
今や同胞である3人の元外国人、石平(中国) 呉 善花(韓国)金 美齢(台湾)諸先生方が、「外国人参政権」をどう見ているか。1月25日、憲政記念館での国民集会。忙しい人のため編集した。(katyuさん)

【2.2 頑張れ日本!全国行動委員会結成大会 & 頑張れ日本!日本解体阻止!全国総決起集会 】
会場:日比谷公会堂
日時:平成22年2月2日(火) ※ 雨天決行!
 14時00分 「全国行動委員会結成大会」大シンポジウム
 17時00分 「頑張れ日本!日本解体阻止!全国総決起集会」
主催:頑張れ日本!全国行動委員会(準備委員会)、草莽全国地方議員の会、日本文化チャンネル桜二千人委員会有志の会 ほか
登壇予定 [敬称略・順不同]  ※ 1/29 更新
安倍晋三、平沼赳夫、下村博文、高市早苗、山谷えり子、衛藤晟一、西田昌司、稲田朋美、大江康弘、城内 実、中山成彬、西村眞悟、赤池誠章、萩生田光一、馬渡龍治、林 潤、田母神俊雄、小田村四郎、日下公人、加瀬英明、西尾幹二、田久保忠衛、井尻千男、小林 正、福地 惇、西岡 力、すぎやまこういち、増元照明、富岡幸一郎、藤井厳喜、潮 匡人、西村幸祐、井上和彦、大高未貴、高清水有子、三橋貴明、石 平、小山和伸、土屋たかゆき、三宅 博、松浦芳子、三輪和雄、村田春樹、坂東忠信、英霊来世、saya、各地方議員 ほか多数
※ 現在、多数の国会議員、地方議員、文化人の皆様に御調整いただいておりますので、決定次第お知らせいたします。
※ チラシは こちら からダウンロード出来ます!  ※ 1/29 更新

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

1 Comment

  1. 風林火山
    2010年2月1日

    国賊粉砕カーニバル

    「世界の恥、脱税総理と不動産屋、小沢一郎は日本から出ていけ~!」のシュプレヒコールが、1月30日(土)の午後、秋葉原で木霊した。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top