秀太がスカウトに

心機一転!阪神・田中秀太スカウトが初仕事
産経IZA 2009/11/06 09:45
 阪神・田中スカウトの初仕事だ。今季限りで現役を引退した秀太が5日、福岡大・甲斐の指名あいさつに同行した。前日4日にスーツを新調し、身も心も心機一転。「新井を追い出せるような選手を意地でも」と意気込みを語った。来季から2軍守備走塁コーチを務める永尾スカウトの後任として九州地区を担当し、逸材発掘に尽力する。

産経は直近7連発で阪神タイガースの記事が並んだ。阪神ファンとして阪神の記事が多いのはうれしいことだ。
ところで秀太の動向が気になっていたのでスカウトに就任したと聞いてうれしい。がんばってほしい。
日本シリーズは巨人と日ハムが熱戦で盛り上がっていてなかなか面白い。しかし、巨人のホームランでの攻勢とつなぎの日ハム打線が特徴的だ。とくに東京ドームの試合はホームランが目立つ。阪神にとって広い甲子園がホームランの得点に影響する。甲子園はラッキーゾーンを撤去した。東京ドームの外野はかつてのラッキーゾーンの甲子園のように直線に近いが、他球場より狭いことがホームランが出やすいため有利なことが指摘されているので、改修を考えるてもいいのではないか。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ

↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る